お酒とカクテルの杜 > > カクテルグラス

カクテルグラス

カクテルを作る道具と同様、完成品であるカクテルを注ぐグラス・・・・
カクテルグラスの種類も実に様々です。


ですが、どのカクテルにどのカクテルグラスを使うかは大体決まっています。
代表的なものについて紹介しておきます。


 オールドファッションドグラス
一般的には、ロックグラスと呼ばれています。
ウイスキー、カクテル共にオン・ザ・ロックスタイルのものを飲むときに使用します。
glassB03.jpg


 タンブラー
一言で言ってしまえば一般的なコップです。
主に、ウイスキーの水割りや、ソフトドリンクに使われ、
最も使用頻度が高く、容量は180ml~300ml程度が一般的です。
カクテルに用いられるのは、240ml(8オンス)のものが国際標準となっています。


 コリンズグラス
タンブラーより細身で背が高いグラスです。
背が高い分、炭酸ガスの持ちが良いため、ソーダ入りの
ドリンク等に良く使用されます。
ちなみに「コリンズ」と名がつくカクテルは、
このグラスを用いて作られるのが一般的です。


 ジョッキ
日本では非常にメジャーです、正式な発音はジャグ。
居酒屋で「生中ちょうだい」といって出てくるあれです。
beer01.jpg


 ワイングラス
これも日本では非常にメジャーです。
様々なデザインのものがありますが、口径が6.5cm以上で脚付きのものが一般的です。


 ブランデーグラス
主にブランデーをストレートで飲む際に使用され、
ちょうど口がすぼまったワイングラスといったスタイルです。
180ml~300ml入るものが一般的ですが、ブランデーをそそぐ場合は、
30mlほどにとどめ、手の熱で立ち上る香りを楽しみながら飲みます。


 ゴブレット
厚手のガラスで作られた大振りのワイングラスのようなスタイルで、
約300ml入るのが標準です。ソフトドリンクなどによく使われます。


 カクテルグラス
ショートドリンクカクテル専用のグラスです。
逆三角形で脚がついており、標準的なもので90mlが入ります。
これに60mlを注いで飲むのがセオリーです。
glassB04.jpg


 シェリーグラス
シェリーを飲むためのグラスで、小柄なワイングラスといったスタイルをしています。
60ml程度入るものが一般的です。


 サワーグラス
サワータイプのカクテルを入れるためのものです。
シェリーグラスより少し大振りなスタイルで、120ml程度入るものが一般的です。


 リキュールグラス
リキュールを飲むためのもので、シェリーグラスより更に小振りです。
30ml程度入るものが一般的で、時としてメジャーカップの代用として使用されます。


 シャンパングラス
カクテルグラスと良くにたデザインの、シャンパンを飲むための
グラスです。このデザインのもは主に乾杯用に用いられ、
食事用には、フルート型のものが用いられます。




 

© お酒とカクテルの杜 All Rights Reserved.