お酒とカクテルの杜 > > 焼酎

焼酎

以前は、焼酎も産地を除いて、酎ハイのベースや、何かで割って飲む
といった飲み方が主流で、それほどメジャーなお酒ではありませんでした。


しかし最近では、日本酒と同じように、焼酎の銘柄にこだわって飲む
愛好家が増え、人気のお酒となっています。


焼酎ファンのわたしにとっては、嬉しいような、お気に入りの銘柄が
なかなか手に入らなくなって悲しいようなちょっと複雑な気分では
ありますが・・・
eyes0566.jpg


焼酎は日本独特の蒸留酒で、その製造方法によって、甲類、乙類に分類されます。


焼酎の分類

 甲類
アルコール含有物を連続式蒸留機で蒸留したもので、アルコール度数が
36度未満のものです。
File0001.jpg


連続式蒸留機で得られた高度数のアルコールを水で薄め製品化されます。甲類の場合、その蒸留法から原料の持ち味は、あまりお酒に反映されず、ある程度均一的な味わいのお酒になります。


酎ハイなどのベースには、この甲類が使われることが多いです。


歴史的には、乙類よりも新しく、明治時代に従来の乙類に変わって「新式焼酎」という呼び名で製造され始めたのが最初です。


 乙類
別名本格焼酎で、現在のブームで脚光を浴びているのは
こちらの種類になります。


アルコール含有物を単式蒸留機で蒸留したもので、アルコール度数が
45度以下のものです。
Pim0001.jpg


単式蒸留機を使うことから、雑味成分がお酒の中に多数残留し、
それが、原料の持ち味として風味に残ります。


歴史上では、永禄2年に薩摩藩の大口村で米を原料にした焼酎が
製造され飲まれていたという記録が残っています。
それが、九州南部に伝播し、宮崎県や熊本県などでも盛んに焼酎が
作られるようになってきました。


実はこの乙類は、その原料によってもう少し細かく分類することが
できます。代表的なものを紹介しておきます。


 泡盛
沖縄特産の焼酎として今では、全国にその名を知られています。
米こうじを原料に製造され、土中に埋めた瓶で長期熟成されたものは、
クース(古酒)と呼ばれ特に珍重されています。


 もろみ取り焼酎
米こうじのもろみに、ソバや黒糖、芋などを配合して作られる焼酎です。
代表的なものには、鹿児島・宮崎の芋、球磨地方の米、
宮崎のソバ、奄美地方の黒糖などがあります。


 

© お酒とカクテルの杜 All Rights Reserved.