お酒とカクテルの杜 > > ジン

ジン

ジンは、カクテルのベースとして、日本でも馴染みの深いお酒ですが、
ストレートやロックで飲むといったところでは、まだまだあまり
知られていないお酒です。


ジンは、穀物と香草を主原料に蒸留して製造される、
無色透明のさわやかな香味を持ったお酒です。


その香味ゆえに日本では、ストレートでの飲み方があまり普及していませんが、
冷凍庫で冷やしておくと、香味が抑えられ飲むやすくなります。
一度試してみてください!


もともとは、17世紀にオランダライデン大学の医者シルビウスが、
ライ麦から蒸留したお酒に杜松の実(ジェニパ・ベリー)を漬けて、
利尿作用のある薬用蒸留酒として売り出したのが最初です。
最初は、ジェニパのフランス語ジェニエーブルという名前でした。

bottleN04.jpg

その後、オランダのオレンジ公ウイリアムがイギリス国王に迎えられた
ことをきっかけにロンドンで大ブレークし、独自の製法が発達、
現在のようにジン=イギリスといったイメージになったというわけです。


ジンは、その産地と製法で、大きく3つの種類に分類することができます。


 ドライ・ジン
現在のジンの代名詞的な存在であり、ビフィーター、タンカレーなどの
著名な銘柄は全てこのドライ・ジンになります。


イギリスで発達したため、別名ブリティッシュ・ジンなどとも呼ばれます。
さわやかな香味と軽い飲み口でカクテルのベースなどに最もよく使われています。


ビフィーターはカクテルのベースとしてよく使用され、
タンカレーはオン・ザ・ロック又はストレートで飲む人が多いようです。


 オランダジン
本家本元の地であるオランダで製造されるジンです。
昔ながらの単式蒸留器で製造されるのが主流で、(イギリスは連続式蒸留器)
ドライ・ジンと比べて、濃厚な味わいと強い香味が特徴です。


そのため、カクテルのベースに用いられることはあまりなく、おもに
ストレートで飲まれています。
製法と同じく、名称にも昔ながらのジェニパ(杜松)を使用している
ところが多数あります。ボルス社のジェニパが特に有名です。


 シュタインヘーガー
ドイツで製造されている蒸留酒ですが、原料に杜松の実を発酵させたものを
用いていることから、ジンの一種とされています。
他の種類のものに比べ、香味が抑えられているのが特徴です。


ドイツといえばビールですが、ビールを飲んで冷えた体に
シュタインヘーガーを飲んで体を暖め、またビールを飲むというのが、
ドイツののんんだくれの飲み方だそうです。
どこの国にも酔っ払いの文化ってあるんですね(笑)




 

© お酒とカクテルの杜 All Rights Reserved.