お酒とカクテルの杜 > > ラム

ラム

ラムは、もともと日本ではあまり知られていなかったお酒ですが、
レゲエミュージックの広がりとともに、日本でも若者を中心に
よく飲まれるようになったお酒です。


他の洋酒が、おもに穀物や果物を主原料に製造されているのに対し、
ラムは、サトウキビを原料に製造されています。
サトウキビの絞り汁等を発酵したのち蒸留させ、カシの樽で熟成
させるのが、最もオーソドックスな製造方法です。
botoru3.jpg


ラムの起源には諸説があり、どれが本当なのかは分かりませんが、
カリブ海の移住してきたイギリス人によって製造されたという説や
スペイン人の探検家一行が、プエル・トリコに上陸した際に初めて製造し
た説などがあります。


また、名前の起源にも諸説があります。
現在は使われていない英語、「ランバリヨン(酔って興奮するという意味)」
からラムという名前がついたのではないかという説が有力です。


この西インド諸島で誕生したお酒が世界中で飲まれるようになったいきさつ
には、ヨーロッパ諸国の植民地政策が一役かっています。


イギリス海軍が植民地でラムを積み込み、グロッグ
(飲むとグロッキーになるということからついた)という愛称で
毎日乗務員に配給していたことや、


悲しい歴史ですが、、、
アメリカで黒人奴隷と交換されていたことによって、
メジャーなお酒となっていきました。

bara-risu-1.jpg

ラムを大別すると、風味の軽いライトラムと濃厚なヘビーラム、その中間の
ミディアムラムがあります。代表的な産地別の分類では、
以下の2通りに分けられます。


 ジャマイカラム
myers_w.gif

日本に多く輸出していることから、日本では有名な産地です。
ジャマイカのラムはヘビーなものが主力で、糖蜜を水で薄めたものに酵母を加えず自然発酵させた後、蒸留、カシの樽で熟成させます。


有名な銘柄としては、「マイヤーズ」があり、レモンを入れてロックでいただくと絶品です。


 キューバラム
キューバラムは、サトウキビから砂糖の結晶を分離した後の糖蜜を
原料にして製造されます。


古樽で熟成後、活性炭処理で不純物を取り除くため、
無色透明の口当たりの軽いものが主流になります。


有名な銘柄としては、「ハバナ・クラブ」「バカルイディ」という銘柄があり、
そのうち無色透明のバカルディ・ホワイト(バカルディ・ゴールドは黄金色をしている)は、優れたカクテルのベースとして、世界中に輸出されています。


ちなみに「バカルディ」という名前のカクテルもあります。
とあるバーで、このカクテルのベースに、バカルディ以外のものを使用し、
裁判で違法とされたことでも有名になりました。




 

© お酒とカクテルの杜 All Rights Reserved.