お酒とカクテルの杜 > > カクテルの道具紹介

カクテルの道具紹介

バーのカウンターを眺めていると、なんだか良く分からないカクテルの道具が沢山あることに気付くと思います。


このカクテルの道具には、普段見慣れたものから、見慣れないものまであると思います。(普段見慣れたものでも呼び名が違うものも結構多いです)
カクテルの道具で代表的なものについて紹介しておきます。

shaker01.jpg


 シェーカー
混ざりにくい材料同士を混ぜ合わせ、同時に冷やすための道具です。金属製のものがメインですが、ガラスと組み合わせたものもあります。


シェーカーは、トップ、ストレーナ、ボディの3部分から構成されており、このボディに氷と材料をいれ、トップ、ストレーナをはめシェークしたあと、トップをはずし、ドリンクを注ぐといった使い方をします。


 バースプーン
片方がフォーク、片方がスプーンになっている、柄の長いスプーンです。
ミキシングする時にスムーズに回転するよう、柄の部分は螺旋状に
ねじれています。
フォークのほうは、オリーブやチェリーをビンから取り出す時などに
使用します。スプーンのほうは、ミキシングのほかに、材料の量を計量
する時などに使用します。


 ミキシング・グラス
比較的混ざりやすい材料同士でドリンクを作る際に使用します。
シェーカーと違い、シェイクしないので、作られた飲み物は、
泡立たず、透き通った美しい色になるのが特徴です。
厚手のグラス製のものとメタル製のものがあります。


 ストレーナー
ミキシンググラスで作成したドリンクをグラスに注ぐ際、
氷が入ってしまわないようにするために使う道具です。
へら型をした、丸い金属の板に、バネのようなワイヤーが
取り付けられています。


 ブレンダー
日本でいうところのミキサーです。
シャーベット状のフローズンドリンクを作る際に使用されます。


shaker02.jpg


 メジャーカップ
お酒などの材料を図るための金属製のメジャーカップです。2つのカップが背中合わせにくっついた形をしており、カップは45mlと30mlのものがくっついているのが一般的です。


 スクイザー
レモンやライム、オレンジといった、果物の果汁を絞るための道具です。プラスチック製、ガラス製、金属製のものなど様々なものがあります。


 アイスピック
氷を割るために使用する先端がキリ状の道具です。
針先がフタマタやミツマタのものありますが、ヤリ状のものが一般的です。


 アイストング
氷をはさんでつかむための道具です。
金属製のものが一般的です。


 アイスペール
氷を入れておくためのバケツ状の道具です。
スナックなどで、水割りを頼むとテーブルに氷を入れて持ってくるアレです。


 オープナー
大層な名前ですが、要は栓抜きです。


 カクテルピン
カクテルの飾りつけに使う、オリーブやチェリーを刺す
楊枝状の道具です。ガラス製のものがカッコイイですが、
壊れやすいのが難点です。


 コルクスクリュー
一般家庭でもおなじみのワインの栓を抜くための道具です。
プロ仕様のもは、ナイフとボトルオープナーがセットになった
折りたたみナイフ状のものが多いです。このプロ仕様のコルクスクリューは、
ソムリエが良く使うことから、別名ソムリエナイフとも呼ばれます。




 

© お酒とカクテルの杜 All Rights Reserved.